きれいなままでいる

夫婦

低刺激、無香料

赤ちゃんを授かって嬉しいのはもちろんですが、妊婦さんにとって気になるのが妊娠線です。妊娠線というのは、赤ちゃんがお腹にいる間に大きくなったお腹が、出産後に戻ろうとして亀裂が入る線のことです。実は、妊娠線は予防することができます。予防するときに大切なのは、保湿ケアをし乾燥を防ぐこと、そして皮膚を柔らかく弾力のある状態に保つことです。これらの効果が期待できるのがクリームです。妊娠線予防に使うクリームは、それ専用のクリームでも市販のクリームでも問題ありません。専用のクリームの特徴は、保湿効果が高いことはもちろん、肌に低刺激で無香料のものが多いということです。妊娠中は、普段はいい匂いだと思っているものも敏感になってしまいますので、安心して使えます。

たくさん使いましょう

妊娠線を予防するためには、毎日のケアが欠かせません。そのためには、いくら妊娠線予防専用のクリームでも、毎日使うには価格の高いものは選ばないほうが良いです。たっぷりのクリームを使ってもお財布に響かないクリームを選び毎日使用するほうが、妊娠線予防には効果的です。また、予防するためのクリームを使用し始めるのは、お腹の膨らみが顕著になってからの人が多いですが、お腹がまだ膨らみ始めていないときから行うほうが良いです。さらに、クリームを使用するのはお腹周りだけに限定せず、お尻や太ももも含めてケアをするほうが、お腹周辺の皮膚が柔らかくなり、皮膚の伸び縮みが柔軟になりますので、広い範囲のケアを心がけましょう。