妊娠時のお腹ケア

妊婦

最近人気のタイプ

妊娠して急激にお腹が大きくなってくると妊娠線が出来やすくなります。妊娠線はお腹が急激に大きくなること以外にも、肌の乾燥なども原因の一つです。また、一度出来てしまったらお腹が元に戻っても完全に消えることはありません。そこで、これを予防するために様々な商品が出ています。中でも保湿クリームはたくさん種類が出ていますが、多いのは出産後も赤ちゃんと一緒に使えるオーガニックや無添加タイプのクリームです。出産後もお母さんの肌は乾燥しやすいことが多いですし、赤ちゃんの皮膚もとても薄く乾燥しやすいため一緒に使えるタイプはとても重宝します。また、一度で来てしまったらなかなか消えることはないと書きましたが、最近では出来てしまった妊娠線を目立たなくしてくれるクリームも出てきていますので、出来てしまってもあきらめずにケアをしてあげましょう。

正しく予防するためのコツ

妊娠線予防のためにクリームを使う時、何も考えずにただ塗っていたのでは失敗してしまいます。予防のためにはクリームを塗る効果的なタイミングと注意したいポイントがあります。まず、妊娠4ヶ月などの早い時期から塗り始めましょう。早いうちからマッサージするように塗ることによって乾燥を防ぎ、肌の弾性のアップし妊娠後期の急激なお腹の変化にも耐えやすくなります。また、朝と夜の2回は必ず塗るようにしましょう。特にお風呂上りなどの身体が温まっているタイミングは浸透率がいいのでおすすめです。塗るときに見逃しがちなのが下腹です。ここはお腹が大きくなると直接見えなくなるため塗り忘れしやすい個所なので注意しましょう。また、わき腹も塗りにくい個所ですので注意しましょう。そして、量をケチらずにたっぷりと使うことが大切です。これらのタイミングと塗り忘れしやすい個所に注意して、しっかりと妊娠線を予防しましょう。